お墓のお掃除を

funeral

定期的なお墓参りだけではなく、ちゃんとお墓を代々受け継がせる為にもメンテナンスは必須であります。そのメンテナンスこそが墓石クリーニングであり、現在は業者に依頼するスタイルが確立されつつあります。

Read More...

整理も業者と共に

funeral

訳あって故人の遺品の整理が出来ない場合は、遺品整理業者に作業の依頼をする事が可能です。ちゃんとした資格を持ったプロが整理を行いますので安心です。現在業者を利用する方々は増えています。

Read More...

散らして還る

funeral

散骨での供養も故人の希望であれば行っていい方法であります。しかし行なう上ではちゃんと許可を得た上で近隣住民に迷惑を掛けることないようにしましょう。そしてもし弔いに何かこだわりを持っているのであれば、生前しっかりと遺族に話をするべきです。

Read More...

火葬と葬式

お得に利用する方法はどのような方法があるか

funeral

斎場とは、遺体が火葬される場所である火葬場および、お葬式を執り行う場所のことを言います。火葬場は、公営のところが多いのですがあまり施設によって価格に差があるというわけではありません。斎場の料金としては、実際に葬儀を行う場所によって大きく変わってきます。そのようなか、お得に利用する方法としては、自宅で家族葬を行うと会場の料金が少なくて済みます。さらには、市役所や町役場の会館で行うことでも斎場の費用が削減できます。 葬儀会社に依頼して葬儀会社が持っている斎場で葬儀を執り行うことも広く行われてきています。費用はかかる反面、葬儀に関するノウハウがあり、さまざまなプロデュースを行いますので快適に利用できます。

お葬式にかかる費用はさまざまありますが、斎場については火葬場の使用が平均20000円程度かかりますし、加えて葬儀を行う場所代が20万円から30万円程度かかります。 ですが、斎場代として支払うことはなく、葬儀会社などには全ての費用を合算したうえで支払うことになります。そのようなか、葬儀代としては、規模や使う会場、用意するプランなどによって違いはありますが、だいたい100万円程度から200万円程度になる場合が一般的です。 最近では、核家族化で遺族への負担をほ葬儀にあまりお金をかける風潮は少なく、各葬儀会社でも50万円程度でできる低価格プランなどもあります。 ですのでしっかりと情報収集をしたうえで選ぶことが必要です。