散らして還る

節度をもって行えば素晴らしい弔いに。

funeral

日本では古くから火葬したお骨を骨壺に入れてお墓に埋葬するのが一般的な弔い方法でした。しかしながら、最近ではお墓さえ作らずに散骨されることを選ぶ人も増えてきているようです。散骨とは火葬した骨を海や山に撒いたり、空から散布する弔い方法のこと。最初は自然を愛する限られた人たちによって始まったようですが、核家族化が進む中でお墓を作って維持することが困難になり散骨を選ぶケースも増えきました。実は、意外なことに散骨を規定したり、禁止する明確な法律は今のところ存在しません。ですから、自然保護や周辺住民への配慮、事件性の排除などといった一般常識をクリアすれば誰でも実施することが可能なのですが、ルールがないだけにトラブルが増えているのも事実です。それでは、実際にトラブルなく実施するにはどのようにしたら良いのかご紹介しましょう。

散骨を選ぶ際に大切なこと。

あなた自身が死後に散骨で弔われたいと思った場合にまず大切なのは、自分の意思を家族にしっかり伝えると言うこと。散骨は比較的新しい考え方ですので、家族や親戚がそれを快く思わない場合もあります。そんな中で残された喪主や家族に気持ちよく散骨してもらうためには、あなたの意志を遺志として書面などで残しておく心遣いが必要でしょう。次に自分が家族を弔う場合ですが、実際には散骨にそんなに厳しいルールや作法があるわけではありません。お骨は事前に粉砕して粉にすること、山や海に撒く場合は土地の所有者や近くの住民の感情を損ねないように市役所などに確認するなど最低限のルールをクリアすれば大丈夫です。最近では散骨専門のサービス会社がありますので、そういったサービスに依頼すれば、必要書類のアドバイスやお骨の粉砕、場所選び、実際のセレモニーの進行まで細かくフォローしてくれ、煩わしい雑務をせずに弔いに専念することができるでしょう。コストがかからない、宗派にしばられない、お墓を維持する必要がないなど、より自然で身軽な散骨。新しい埋葬の方法として選ぶ人はこれからますます増えていくかもしれません。